2022.08.09

体験農園

あさはた緑地には体験農園があり、田んぼやれんこん畑、あさはた農園があります。
ここでは、れんこん掘りの体験イベントや自然栽培教室などを行っています。
あさはた緑地の魅力の一つである”豊かな自然”と触れ合える場所でもあります。
農業用に人の手が加えられたことによって見られる貴重な水辺の生きものや植物がたくさん暮らしています。

 

れんこん畑

麻機には、「あさはた蓮根」という、あの徳川家康公が好んで食したといわれる特産品があります。
「あさはた蓮根」の特徴は、粘り気が強く、糸を引くこと。そして、シャキシャキとした歯応えと、モチモチした食感!他のれんこんとは全く別物です。
昔から水が多いこの地は、水生生物が堆積し、フカフカした栄養分に富む土のため、良質なれんこんができるそうです。
あさはた緑地では、麻機地域のれんこん栽培文化を体験してもらおうと、在来種ではありませんが、れんこんを育てています。
1年目は不作だったため、れんこん掘り体験が多くはできませんでしたが、その反省を生かし、おいしい「あさはた蓮根」に少しでも近づけるよう頑張っていきます。
れんこん掘り体験の開催については、決まり次第イベントページに掲載いたします。
楽しみにしていてくださいね。

 

田んぼ

あさはた緑地の田んぼは、麻機地区社会福祉推進協議会の皆さんが麻機学区の子供たちと一緒に管理をしている田んぼと、あさはた緑地がボランティアさんと一緒に管理をしている田んぼがあります。
あさはた緑地が管理する田んぼは、今後どのように活用していくかを検討中です。乞うご期待!!

 

ミズアオイ畑

あさはた緑地の農園エリアには、ミズアオイという絶滅危惧種が咲く畑があります。
ここは、地域の方々の協力も得ながら管理しています。

 

メダカ池

体験農園の中にある大きな池は、メダカ池と名付けられています。昔は、メダカが棲んでいたといわれている麻機遊水地。
昔のようにメダカが棲んでくれる環境になったらいいな…そんな思いを込めてつけられました。
しかし、今いるのはカダヤシという特定外来生物のお魚です。
持ち帰ったり、場所を移動させたりすることは法律で禁止されていますので、間違えて連れて帰らないように注意してください。
(詳しくは、環境省のホームページをご覧ください。)
春先には、カモの夫婦が来ていたり、夏場はカメが顔をのぞかせていたり。
いろんな生き物を観察できる場所でもあります。

 

 

ザリガニ池

あさはた緑地で大人気のアクティビティである、ザリガニ釣り!
水辺であればどんなところでも釣っていただけますが、特にたくさんいるのが、このザリガニ池です。
水の中をのぞいてみると…他にもいろんな生き物に出会えます。

 

湧水

あさはた緑地内には、全部で5か所、水が湧いているところがあります。
これは、巴川の水が地下を通って、緑地内で湧いているといわれています。
飲み水としては使っていませんが、畑に水を引いたり、野菜や花にお水をあげるのに使っています。
顔を洗うのも気持ちがいいです。